イメージ画像

洋食レストランのピザやサラダの料理教室を紹介

わたしは、40代の主婦です。私が、20代のころ友達と一緒に、東京にある人気の洋食レストランで料理教室があったのでそれに参加したときのことをお話しします。そのときの参加人数は、30人くらいだったの思います。教えてくれるシェフは1人、アシスタントの人が4~5人くらいいたのと思います。そして、グループに分かれて料理のレシピを渡されました。参加費は、1500円です。この中には、自分たちで作るピザとサラダ、すでに完成してあるお店のケースの中に入っている好きなケーキを選べるという感じでした。

そして、料理教室スタートです。ピザの生地づくりから始めました。用意された分量のお水かお湯のどちらかを粉と一緒に少しずつ様子を見ながら練っていきました。そして、塩もいれました。すこし、時間をおいて生地を30分くらい発酵させました。その間にサラダのドレッシングづくりです。ドレッシングは、分量のオリーブオイル、塩、こしょう、お酢を入れます。指を入れて味見をして、味の調整をしました。そして、ボールの自分たちのグループで好きな野菜を選んで、ドレッシングにはいったボールの入れて混ぜます。軽く野菜とあえるようにしていきます。そして、野菜サラダの出来上がり。

あと、簡単なデザートで牛乳と卵を使って、クリームブリュレも作ったような気がします。そして、発酵させた生地がさらに大きくなって、人数分に分けて自分の食べるピザを丸く伸ばして、具をのせて店のかまどで焼き立てのピザを食べました。失敗なしのお店の味のおいしい手作りピザでした。

このページの先頭へ